出羽三山を知る


羽黒街道と大鳥居

出羽三山とは


山形県にある月山、羽黒山、湯殿山の総称で、明治時代までは神仏習合の権現を祀る修験道の山であった。明治以降には神山となり、羽黒山は伊氏波神・稲倉御魂命、月山は月読命、湯殿山は大山祗命、大己貴命、少彦名命の三神を祀るが、開山以来、羽黒派古修験道は継承され、出羽三山に寄せる信仰は今も変わらない。

湯殿山の鳥居 月山山頂 羽黒山と五重塔

人々の心に響く神秘の山々


山形県庄内地方のシンボルともいえるその存在は、広大な自然、山々の息吹を感じさせるとともに古くから信仰の山としての歴史をを育んできました。四季折々の美しさは、見る人の心を魅了します。

蜂子皇子,能除太子

出羽三山の歴史


出羽三山は、出羽三山神社の社伝では崇峻天皇の皇子、蜂子皇子(能除太子)が開山したと伝えられております。
崇峻天皇が蘇我氏に弑逆された時、蜂子皇子は推古元(593)難を逃れて出羽国に入りました。その時に、3本足の霊烏の導きによって羽黒山に登り、苦行の末に羽黒権現の示現を拝し、さらに月山、湯殿山を開いて3山の神を祀ったことに始まったと伝えられています。

月山神社は『延喜式神名帳』に記載があり、名神大社とされている。出羽神社も、『神名帳』に記載のある「伊氏波神社」(いてはじんじゃ)のことであるとされ、古来より修験道(羽黒派修験など)の道場として崇敬されました。三山は神仏習合、八宗兼学の山とされ、江戸時代には、三山にそれぞれ別当寺が建てられ、それぞれが仏教の寺院と一体のものとなった。

江戸時代には「東国三十三ヶ国総鎮守」とされ、熊野三山(西国二十四ヶ国総鎮守)・英彦山(九州九ヶ国総鎮守)と共に「日本三大修験山」と称せられた。東北地方、関東地方の広い範囲からの尊敬を集め、多くの信徒が三山詣でを行った。出羽三山参詣は、「霞場(かすみば)」と呼ばれる講を結成して行われた。出羽三山の参道は、通称「七方八口」と言われた。八口とは、荒沢口(羽黒口)、七五三掛(しめかけ)口(注連寺口)、大網口、岩根沢口、肘折口、大井沢口、本道寺口、川代口であり、そのうち、七五三掛口と大網口は同じ大網にあったことから、七方となった。それぞれの口には「女人結界」が設けられ、出羽三山の山域は女人禁制であった。別当寺は、女人参詣所という役割もあった。なお、八口のうち川代口は江戸時代初期に廃され、肘折口には羽黒山・月山派の末坊、阿吽(あうん)院が置かれた。

明治には神仏分離の神社となり、1873年(明治6年)に国家神道推進の急進派であった西川須賀雄が宮司として着任し、その際に廃仏毀釈が行われ、特に羽黒山において、伽藍・文物が徹底的に破却された。その結果、別当寺が廃され神社となって3社を1つの法人が管理することとなり、出羽神社に社務所が置かれた。旧社格は月山神社が官幣大社、出羽神社・湯殿山神社が国幣小社である。戦後、神社本庁の別表神社となった。


山伏と祈願